2006年12月16日

松坂投手すっげえかせいでますな笑

松坂投手すっげえかせいでますな笑

レ軍、117億円“松坂マネー”は日本で稼ぐ!08年公式戦開催か

松坂マネーをJAPANで取り返せ−。米ボストンで14日行われた松坂大輔投手(26)のレッドソックス入団会見の場で、球団側が「将来、日本で試合をする」とブチ上げた。松坂に投じた117億円を、日本“金集め”ツアーで回収しようという計画だ。しかし、人気低迷に悩む日本プロ野球にとって“赤い黒船”の上陸は脅威。新たな日米経済摩擦の火ダネとなるかも!?

 かつて米国経済を心肺停止寸前まで追い込んだ「メイド・イン・ジャパン」の輸出攻勢。中でも自動車は日米経済摩擦の象徴だったが、その後、トヨタやホンダなど日本メーカーは米国での現地生産、現地雇用を推し進め、すっかり雪解けムードとなった。
 ところが、ここにきて両国間の新たな火ダネとなりつつあるのが、「メイド・イン・ジャパン」の野球選手だ。今回、松坂というとびきり高価な“輸入品”に落札金額と契約年俸、計117億円を投じたレ軍が、早くも回収策を明かした。
 問題の発言は、14日夕(日本時間15日朝)に行われた松坂入団会見の終了間際に飛び出した。レ軍のラリー・ルキーノ社長(61)が「将来、日本で試合をする計画だ」と語ったのだ。
 「われわれレッドソックスは将来、松坂サンとともに日本へ行き、試合をすることを大変楽しみにしています」。同社長によると、レ軍はすでに大リーグ機構に対して日本での公式戦開催の希望を打診済み。来季の公式戦日程はすでに発表されているため、08年開幕戦の日本開催が有力になっているという。
 試合の入場料収入、選手のキャラクターグッズなど関連商品の販売収入、そして巨額が見込まれるテレビの放映権料…。松坂を先頭に日本に上陸し、稼げるだけ金を稼ごうという考えとみられる。
 たまらないのは日本球界だ。日本テレビが14日、来季の巨人主催試合の地上波中継を、従来の3分の2にあたる40試合に減らすと発表したように、ただでさえ日本人の野球離れが深刻になっている。そんな中で、開幕の時期に“本場”の野球を見せつけられたら…。レ軍上陸を吹き飛ばすような日本の球団の頑張りに期待したい。


産経新聞より引用★


なんだか松坂投手だけの契約金だけでもかなりすごいのに、日本の経済にまでかかわってくるなんてすごくないですか??exclamation×2

やっぱ大物はいろいろおこしますねえ;ぼくもいつか大物に笑

黒船ってなんかぺりーさんおもいだしますね笑 歴史の教科書によく落書きしたなあわーい(嬉しい顔)パンチ

マンツーマンで英会話!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。